会員経営技術交流の窓

生産者の皆様へ

野菜の経営・技術等への情報提供・質問等は下記のメールアドレスにメールをお送り下さい。お待ちしております。これらの情報につきましては事務局で適宜ホームページに開示していきます。メールアドレス:yasai@zenyaken.com

<20200430>
経済産業省 中小企業庁から、新型コロナウイルスの感染症により影響を受ける中小企業・小規模事業者等への各種支援制度のお知らせ。
こちらをご覧下さい(PDF) 約1.9MB>(令和2年4月30日12時現在版。一部、令和2年度補正予算成立を前提にした内容を含みます)
また、新型コロナウイルスの感染症関連支援策の情報
・持続化給付金(感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金)について。
<持続化給付金、こちらをご覧下さい
・雇用調整助成金の更なる拡充について(予定内容)。
<雇用調整助成金、こちらをご覧下さい


<20200215>
2月、3月以降、花粉交配用みつばちはイチゴでの利用のほか、メロンやスイカ等での利用も重なる時期になります。農林水産省が、みつばちを大事に有効に使用するためのリーフレットとチェックシートを作成しましたのでご活用下さい。
こちらをご覧下さい(PDF)


<20190814>
農林水産省では、農業用ハウス強靱化緊急対策事業の追加要望調査を実施しています。〆切(都道府県→地方農政局)は、8月26日です。
パンフレットは、<こちらをご覧下さい(PDF)
この事業は、平成30年12月14日に閣議決定された「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」に基づき、農業用ハウスの災害被害を未然に防止するため、都道府県が被害防止計画を策定した上で実施する農業用ハウスの補強や防風ネットの設置等を支援するものです。
詳しい内容は、同事業のHPをご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/sisetsu/saigaitaisaku.html


<20190810>
これまで開催したトマト・キュウリ サミットで、視察研修を2回実施した、千葉大学 柏の葉キャンパス、NPO法人植物工場研究会が、キュウリの栽培作物別研修会を9月26〜27日の2日間行います。共催・日本施設園芸協会。
 植物工場でキュウリの生産を行うための基本の技術や背景となる理論、植物の特性を理解し、栽培管理に応用できる人材を育成を目的にした内容です。
 基本技術の講師を、千葉大学大学院園芸学研究科の丸尾達教授、塚越覚准教授、農研機構野菜花き研究部門の安東赫上席研究員が担当するほか、生産現場からの講師として、三菱ケミカルアグリドリーム顧問の稲山光男氏、徳島県南部総合県民局の原田正剛氏、北部九州胡瓜研究会会長の山口仁司氏を招きます。
 募集は30名程、9月20日(金)まで、先着順。費用は一般が4万円、植物工場研究会会員が3万2千円、消費税・教材費等込。
 詳しい内容は、<こちらをご覧下さい(PDF)>。


<20190705><20190726,0814更新>
 農林水産省から。
 国内で初めて発生が確認されたツマジロクサヨトウについて、
 同虫と疑われる虫を発見した場合の植物防疫所への連絡のお願い

 農林水産省より、2019年7月5日に下記の連絡がありました。
 2019年6月27日、鹿児島県から、南九州市の飼料用とうもろこしほ場において、疑わしい虫を発見したとの連絡があり、植物防疫所で遺伝子解析による同定を行ったところ、7月3日、我が国未発生のツマジロクサヨトウであることが確認されました。
 ●ツマジロクサヨトウとは、こちら(PDF)
 ●ツマジロクサヨトウの防除にかかる農薬リストは、
    こちら(PDF) <20190814に内容更新しました>
 ツマジロクサヨトウは、極めて広食性なヤガ科の害虫であり、サトウキビ、トウモロコシ、イネ、豆類、いも類、野菜類等、80種類以上の作物に被害を与えることが知られています。
 これまで、南北アフリカ大陸で広く発生していることが確認されていましたが、2016年にアフリカ大陸で発生が確認された後、2018年までにアフリカ中南部のほぼ全域に分布が拡大し、2018年にはインド、スリランカ、バングラデシュ等の南アジア、2019年には中国でも発生が確認されました。
 農林水産省では、本虫に対する迅速かつ的確な防除を実施するため、7月5日付で、各都道府県に通知を行いました。
 国内で初めて発生が確認されたツマジロクサヨトウについて、本虫の防除及び本虫と疑われる虫を発見した場合、植物防疫所への連絡をお願いいたします。
※最寄りの植物防疫所はこちらからお探しいただけます。
http://www.maff.go.jp/pps/j/map/index.html